ビビアンスーのメイク 2012

8月 7th, 2012

雑誌cosmopolitanの台湾版『柯夢波丹』7月号のメイクページにビビアンの今使っているメイク用品が載っています。

ベースメイクはみずみずしさを大事にしていて、メイク前にパックをしてから化粧水や乳液をつける。乳液は普段使いのものとは別で、ファンデーションを塗った時にモロモロがでない乳液を使っているそうです。
ファンデーションは保湿力のあるもの。

アイメイクはアースカラー系のシャドウで自然にグラデーション、下まぶたのシャドウは目尻の部分に淡い茶色を載せて、気品を増す。
アイラインはインラインがメインで、まつ毛の付け根のラインは目尻のところで少しだけ上げる。
まつ毛は一本一本がはっきり分かれた自然な感じが好き。
チークは練りチークで肌から湧き出るようなみずみずしい光沢をつくる。
唇はもともとの唇より少しだけ大きく描いて、唇の中央にグロスを載せて豊潤な立体感をだす。

・使っているメイク用品

乳液 Bio essence 能泉補水盈潤保濕乳 ←Bio essenceのサイト

ファンデーション Sofina Primavista リキッドファンデーションUV ←花王のサイト

アイシャドウ RMK アイシャドウパレット ブラウン ←RMKサイト

マスカラ YSL マスカラ ヴォリューム エフォシル WP(色はブラック) ←YSL公式

チーク M.A.C カジュアルカラー(色はウィークエンド ゲッタウェイ) ←MAC公式
※カジュアルカラーは限定販売だそうです

グロス Chantecaille Luminous Gloss(色はライチ) ←アメリカ公式サイト
※Chantecaille Luminous Glossは日本のシャンテカイユでは扱いがないようです。

若さを保つ秘訣は、真面目にスキンケアをすることで、白肌を維持するスキンケアの秘訣は日焼け対策をすることと美白化粧品を使うこと、それからキウイを食べること。
キウイの美白効果はとてもよくて、ビビアンは一週間のうちに突然とても肌が白くなったことがあり、後からみんなで原因を考えたところ、その頃毎日キウイを5個食べていたことに行きついたそうです。
美白目的のためにキウイを食べていたわけではなく、撮影で体力がいるのでみんなおやつを食べるのに、ビビアンはその頃ダイエット中だったので、酸っぱくないゴールドキウイをおやつに食べていたそうです。
一週間もたたずに体全部が白くなったという実体験からその効果を知ったそうです。

———————————
今回はじめて『樂讀』というアプリを使って台湾の雑誌をダウンロードしてみました。
『柯夢波丹』は250円でした。
日本で台湾の雑誌を買うよりはるかに安いので、なかなかいいと思いました^^
樂讀

台湾伝統の健康法・美容法
かっさでデトックスマッサージ  糸で脱毛する蝶式糸除毛
台湾伝統健康法「かっさ」と経絡を学ぶ       台湾伝統の糸での脱毛法「糸除毛」を学ぶ

macchagreen メイク

にほんブログ村 美容ブログへ

台湾夏のソフトドリンクのカロリー

8月 2nd, 2012

暑い台湾。
路上で売られているソフトドリンクも豊富で選び放題なのですが、中にはとんでもないカロリーのものもあるので注意が必要だそうです。

每日1珍奶 暑假暴肥4公斤
(毎日一杯タピオカミルクティーを飲んで 夏休みに4キロも太った)

500ccのタピオカミルクティーは約550kcal。
コーラスムージー、チョコレートスムージー、抹茶小豆スムージーも220~570kcalもあるそうです。

ごくごくと一瞬で飲めちゃうだけに怖いですね・・・

他の名物ソフトドリンクとしては、
パパイヤミルク500cc 約300kcal
西瓜汁500cc 175kcal
甜豆漿300cc 190kcal
黑松沙士100cc 36kcal
蘋果西打100cc 42kcal
などなど。

台湾の食べ物のカロリーを調べられるこんなサイトもあります。
miss calorie 熱量查詢

台湾伝統の健康法・美容法
かっさでデトックスマッサージ  糸で脱毛する蝶式糸除毛
台湾伝統健康法「かっさ」と経絡を学ぶ       台湾伝統の糸での脱毛法「糸除毛」を学ぶ

macchagreen 食べ物

にほんブログ村 美容ブログへ

中医が教える疲労解消自己かっさのやり方・方法

7月 27th, 2012

FG美人教室の動画で、中医が自分で出来る疲労解消簡易かっさのやり方・方法をレクチャーしているものをみつけました。

かっさとは?
アジアの伝統的美容法2 クアシャ(刮痧)

1:55あたりから実際の操作が見られます。
かっさのやり方・方法を一応訳しましたが、動画で見た方が分かりやすいと思います。

・セルフ簡易かっさの原理
「刮(こする)」の物理的刺激で体表の経絡と循環を刺激する。なぜかっさで疲労回復できるかというと、田医師いわく、かっさは皮膚の特定部位を「刮(こする)」の方法で物理的刺激を繰り返し、皮膚表面に「痧(シャ、さ、汚血のこと)」を出す。かっさによって体表の経絡を指摘し、経絡と気血の循環を改善し、体内の新陳代謝を高める。血液循環がよくなり、それによって疲労回復作用がある。

・セルフかっさの注意事項
1.顔のかっさは弱い力で
2.風通しの良い場所でする
3.かっさの後は水分をとる
4.老人、子供は皮膚が弱いので軽い力でかっさする

・セルフかっさをしてはいけない人
1.体質の弱い人
2.糖尿病の人は脚のかっさをしてはいけない
3.妊婦の腹部をかっさしてはいけない
4.皮下出血のある人、血友病患者

・セルフかっさの道具
かっさ板

※かっさする場所は清潔に

■目の周りのセルフかっさ方法
目の周りの疲労を解消するには、かっさ板の鈍端を使って、目頭から目尻まで順番に押していく。力加減は同じに保つ。20往復する。

目の周りのツボを刺激することで、疲労解消するほか、涙の分泌を促す。目の周りにはたくさんツボがあるので、軽く押すだけで疲労を和らげる効果がある。目が乾きやすい人は、ツボ押しにより涙の分泌を促し目を潤す効果があり、ドライアイを予防できる。

■くび肩のセルフかっさ方法
かっさする面積が大きいので、乳液などを塗って滑りをよくし、かっさによる傷がつかないようにする。
かっさ板は皮膚と45度くらいの角度にしてこすっていく。上から下に向かって、20回繰り返す。

かっさ板の上から下への動きが、肩の循環をよくし、肩の筋肉をリラックスさせる。
「痧」は赤く小さくでるくらいでよい。

■脚のかっさ方法
かっさ板の大きな角を使って、上から下にこすっていく。20回。
太ももの内側から始める。乳液や推拿油を塗った後、かっさ板の大きな角を使って、上から下にこすっていく。20回繰り返す。

長時間立っていたり、ハイヒールをよく履く人はかっさで痛みをやわらげることが出来る。
ふくらはぎをかっさすると脚の筋肉をほぐすことができる。

——————–

簡単でいいですね。
疲れたときは是非自分でかっさしてみてください。

映像で使われている魚型のかっさプレートはこちら

使いやすいかっさプレートの選び方 人気のかっさプレート

人気のかっさプレート

もっと本格的にかっさを勉強したい方は、台湾の先生によるこんな講座もあります。
かっさ・経絡1day講座

かっさの痕が残らない画期的なかっさ板(かっさプレート)
かっさの効果の高さは感じるものの、かっさ痕が気になるという方に最適です。
台湾の特許製品で日本で実用新案登録されている画期的なかっさ板です。

かっさ痕が残らないかっさプレート(かっさ板)

台湾伝統の健康法・美容法
かっさでデトックスマッサージ  糸で脱毛する蝶式糸除毛
台湾伝統健康法「かっさ」と経絡を学ぶ       台湾伝統の糸での脱毛法「糸除毛」を学ぶ

macchagreen ボディ

にほんブログ村 美容ブログへ